スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012/07/27秋田里川ヤマメ


はいー、仕事終わりの田んぼ道。気になる渓流を見つけてしまい、これまたちょろっと入渓してきました(笑)

川幅は2~3m。水量はありますが水深20~30cmの沢で、田と山の境目を流れる里川的な景観です。



結果!



爆釣!!笑



10~15cmのチビヤマメは何十匹の世界。


その中にいるんですわ!要所毎、1番良い所に陣取っている尺越えのヤマメ!水深深くても1mとかなんで注意して見てると分かる。こりゃサイトっすわ。


でーもー!




たぶん25前後。良い魚だけど君じゃないんだなあー。
僕の腕だと、尺の前に一回り小さいのが食ってきてしまう(笑)

ワンキャスト目に最大限のパフォーマンスが出来ない。弾道、着水音、トレースコース、アクションのタイミング、流すスピード、、、まだまだ経験・実力足りないなあー。


数与えられたチャンス、ようやく理想のアプローチが出来た瞬間!幅広の魚体がギラリと翻りました!

良いよ、この魚!

重さと引き、期待の魚!




あがってきたのは・・・





29せんちいいいいいいいー



がぁぁぁあ、



尺の壁。厚い。





今回得たものとして、ファーストアプローチの重要性の他、尺ヤマメの行動は読めない、ということがあります。

釣りの途中ちょっとしたエグレを探っていた時、予想もしない所からゆうに尺を越えるヤマメがアタックしてきました。水深10cmも無いような瀬、そこにボサが少し影を落としていたんですが、そこからビュンと飛び出してきたのです。ガッツリバイトしたんですが、完全に気を抜いており、ラインテンションが甘い状態。フックアップには至りませんでした。

尺はどこに潜んでいるか分からない、だけでなく、どこから飛び出してくるか分からない、という考え方を新たに得ました。

まあ、ようするに僕みたいな素人は結局何も分からないんで、常時気を抜かないってことですわ(笑)


次回の秋田が楽しみです!なんとか尺ヤマメを!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

にゅーじー

Author:にゅーじー
じり貧生活だった大学時代。社会人になっても変わらずです。

北海道時代メモリアルフィッシュ
①ブラウン62cm(道央渓流)
②レインボー59cm(屈斜路湖)
③サクラマス61cm(厚内沖)

大学時代メモリアルフィッシュ
①サクラマス51cm(芦ノ湖)
②スモールマウスバス46cm(阿武隈川)
③ヤマメ29cm(茨城渓流)
④クロダイ42cm(能登半島)
⑤イトウ97cm(鹿島槍)

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
Counter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。